足摺の海から


 ハナミノカサゴ
 Pterois lunulata
(カサゴ目・フサカサゴ科)
 優雅な衣裳をまとい、ゆったりと泳ぐ姿は貴婦人をおもわせる。しかし、「奇麗な花にはトゲがある」のたとえがそのまま当てはまり、背 びれの各棘には毒腺があり、刺されると猛烈に痛む。
 海洋館飼育員の多くが、水槽の掃除中に刺され、その洗礼を受けた。
 飼育が簡単なうえ、展示効果もあることから、水族館には必ずと言って良いほど展示されている。
 あまり食用にはされないが、煮付けると身が締まり、淡白な味で結構美味であると聞く。

地方名:オコゼ


トップページへ戻る