足摺の海から


 イサキ
 Parapristipoma trilineatum
(スズキ目・イサキ科)
 初夏が旬の食用魚で各地で漁業の対象になっている。
 沿岸の岩礁域や内湾に生息し、足摺の海でも港で釣りをしていると幼魚がよく釣れる。
 成長すると40cm程になり、幼魚ではくっきりとした黒の縦縞があるが成長と共にこの縞は消えてしまう。
 刺身、塩焼き、煮付けなどで食される。

地方名:イセギ


トップページへ戻る