足摺の海から


 カサゴ
 Sebastiscus marmoratus
(カサゴ目・フサカサゴ科)
 岩場に生息する全長30cm程の種で、浅場に生息しているものは茶褐色をしているが、深場に生息するものほど赤味が強くなる。足摺の海では水深1m位の岩場やテトラポッドの隙間などにも普通に見られる。
 雌はお腹の中で卵を孵化させて、子供を出産する(卵胎生)という習性を持つ。
 大きな頭とぎょろりとした大きな目、頭と同じ位に拡がる大きな口、見た目は悪いが唐揚げ・煮付け・鍋物など白身の淡泊な身はどう料理してもおいしい魚である。

地方名:ガシラ



トップページへ戻る