足摺の海から


 オオウミウマ
 hippocampus kuda
(トゲウオ目・ヨウジウオ科)
 タツノオトシゴの仲間で全長30cmになるとされるが、通常見られるのは15cm程の個体が多い。
 波の静かな内湾に見られ、足摺の海では、港の中のロープなどにつかまっている姿を、時折見かける。
 個体による色彩変異が大きく、白っぽい個体や、黄色、黒っぽい個体などが見られ、飼育中に色彩が変化する者もいる

(2000. 1. 2)




トップページへ戻る