足摺の海から


 サツマカサゴ
 Scorpaenopsis neglecta
(カサゴ目・フサカサゴ科)
 全長20cmほどに成長し、ヒレの棘に猛毒があると言われている。
 普段はほとんど動くことが無く、その色といい、形といいまるで石のような魚で、気が付かずに近づいてきた小魚などを一飲みにする。
 体色は地味だが、胸ビレの内側だけは赤と黄色の鮮やかな色をしている。

(2000. 2.19)




トップページへ戻る