足摺の海から



 シノノメサカタザメ
 Rhina ancylostoma
(エイ目・シノノメサカタザメ科)
 

 全長2mほどに成長する。名前にサメとついているが、実際はエイの仲間。 水底付近をゆっくりと泳いでいることが多い。歯は固い殻などを砕けるように板状になっている。海洋館では、魚やカニを餌に与えている。足摺周辺では、定置網で希に捕獲される。

(2007. 1. 3)

 



トップページへ戻る