足摺の海から


 ウツボ
 Gymnothorax kidako
(ウナギ目・ウツボ科)
 細長い体付き、大きな口にずらりと並んだ鋭い歯。あまりイメージの良い魚ではないが、ほとんどの水族館で見られ、たいていの人は知っている知名度の高い魚でもある。
 また、ウツボの仲間は胸鰭と腹鰭がなく、背鰭・尾鰭・臀鰭が連続してつながり、体表は厚い皮膚に覆われ、鰓孔は小さな丸い穴が開いているだけなど、魚離れした?特徴の多い魚である。
 そのようなウツボの仲間の中で足摺の海でもっとも普通に見られるのが本種であり全長80p程に成長し、岩礁域に生息する。
 当地では開きにしたものを焼いたり、細く切って唐揚げにしたりして食する。

地方名:オツボ



トップページへ戻る