ja en ko cn tw
営業時間
9:00~17:00
館長のtoday’s picture
2024/01/31
ウミウシコーナーに仲間入りしたゾウゲイロウミウシです。体も色がピンク色を帯びた象牙色でとても綺麗ですね。大きさは体長5㎝程です。黄金色の触角と鰓、体の前縁と尾部の先のほうが紫青色に染まっておしゃれです。のんびりと動くウミウシたちを眺めていると、こちらもゆったりとした気分になってしまいます。
2024/01/28
先日紹介したロウソクチビキと同じ水槽に展示されたアカホシキツネベラです。同居しているキツネダイに良く似ていますが、体に赤朱色の小斑点が和名の星のように散在し、断続的に赤朱色のラインが数本走っているので区別できますね。キツネダイ同様深場に生息するベラの仲間です。
2024/01/27
サンゴ大水槽に展示されているセダカギンポです。普段はサンゴの隙間に隠れていることが多いのですが、気が向くと写真のようにサンゴの上に出てきて瞑想にふけっています。しばらく同じ場所でジッとしていますが、気が付くとまた姿をくらましています。暖かい海のサンゴ礁に住み、サンゴの裏面などに着いた珪藻などを食べています。大きな背鰭と眼の上の小さなフサフサが可愛いです!
2024/01/26
足摺の海のコーナーの正面の大きな水槽に展示されたロウソクチビキです。鮮やかな薄橙色の細長い体が素敵です!白い点が連なる側線の下には橙色の細い帯が走り綺麗。深場に群れで生活しているので、なかなか収集展示が難しい魚です。その大きな可愛い眼を是非見に来てください!
2024/01/24
深海大水槽に展示されたヒメダイです。渋いピンク色の色に見える体は、水槽の中では少しブルーがかっていて、神秘的な美しさを持ってます。水深100m以深の深い海に生息している美味な魚で、沖縄などでは高級魚として取り扱われています。深海性の魚なので、飼育展示している水族館も少ないですよ。
2024/01/22
深海コーナーのミナミミゾレウツボと同居している、オキノスジエビです。体を走る白い線からの延長で長く伸びるヒゲ、赤く細長い脚、透明感のあるオレンジの体、ガラス細工のようでとても綺麗です。触ったらハラハラと崩れそうですね。深い海に生息し、中層を大きな群れで泳いでいることもあります。その群れの姿は沢山のヒゲと脚が重なり合い、モヤモヤと雲の塊のようです。
2024/01/21
SATOUMIの初記録のウミウシ、ツノウミフクロウが展示されました。ミカドウミウシが展示されている水槽です。網目模様ので、腹足の後端に角のような突起があります(写真の後ろのほうを見るとあります)。頭の先端にはヒゲのような突起物が並び、これで好みの食べ物を選んで捕食します。ゴカイなどの底生動物や死んだ魚なども食べてくれる、海の掃除屋さんです!夜行性で昼間は砂に潜っていることが多いので、なかなか目にすることができないのが難点です。
2024/01/19
シコロサンゴの水槽からツキチョウチョウウオの幼魚です。一見、和名チョウチョウウオというごく普通に地先の磯でみられる種にそっくりで、僕もしばらくチョウチョウウオという種だと思っていました。でも、写真をチェックしていたら、眼を通る黒い帯がなんか違うし、顔つきも違うなぁと。確認してみるとツキチョウチョウウオでした。チョウチョウウオに比べ日本近海では出現する数が少なく、珍しいチョウチョウウオです。アブラヤッコやミナミハタタテダイなどと一緒に泳いでいます、その可愛い姿を是非ご覧ください!
2024/01/17
サンゴコーナーの、シコロサンゴ水槽に展示さてているセグロチョウチョウウオの幼魚です。名前の通り体の後半の背中側に白い縁取りのある黒い模様があります。体を縁取る黄色も綺麗!成長すると背鰭の先が長く伸びてきます。そうなると、竜串湾大水槽へ移動ですね。
2024/01/15
深海コーナーにクラカケザメが仲間入りしました。深海コーナーに入ってすぐ右にある大き目の水槽です。底で写真のように頭を少し持ち上げてジッとしています。深海に住むサメで、体にある褐色の模様が、馬に乗るときに使われる鞍(くら)に似ているのが名前の由来です。二枚目の写真を見ると解るのですが、のどのあたりに左右一対の髯が生えています。それが何とも可愛いですね。
2024/01/11
SATOUMI二階の潮だまりの展示水槽の前に、大きなニシキエビが仲間入りしました。宿毛の漁師さんからいただいた個体で、全長53㎝。体重3.2㎏もあります。ニシキエビはイセエビの仲間では最大種で、今回展示された個体の大きさは最大級です!暖かい海の岩場やサンゴ礁に住んでいますが、体の色が綺麗で大きく見栄えがするので、食用よりはく製にされ旅館やお土産屋さんに飾られている姿をよく見ます。
2024/01/10
足摺の海のコーナーのユリウツボのいい横顔が撮れました!恐ろし気に開いた口の下顎には鋭い歯が並んでいます。成長すると全長80㎝なり、岩礁域の水深100mほどの深場に住んでいます。淡青色の輪に囲まれた眼には目力がありますね。
2024/01/09
ワモンダコが伸ばした腕の先端の動きが面白いなぁと思って写真を。するとその2本の腕がくっつき2枚目の写真のように。腕先の丸まり方や吸盤の動きが面白いですね。
2024/01/07
面白いフォルムのウミウシが展示されました、カラスキセワタです。なんか鉄腕アトムに描かれていた、未来の都市を走る空を飛ぶ車みたいです。体のラインや斑紋は個体によりさまざまに変化します。口先に感覚毛というのがあり、そこに好物の貝などが触れると口部を大きく広げて丸のみにするそうですよ。ただ日中は砂に潜っていることが多いので、なかなかお目にかかれないかもしれません。クラゲ・ウミウシコーナーのミカドウミウシの展示されている水槽にいます。
2024/01/06
シコロサンゴの水槽から、アブラヤッコです。派手な体色の仲間が多いキンチャクダイの中では、青味がかった黒でまとめられた渋い美しさがある魚です。でもようく見ると細く白い線で縁取られた背鰭や尾びれ、黄色で縁取られた臀鰭、黄色の腹鰭、そして体の中央にある白いラインがとても綺麗ですね。二枚目の写真はいい顔で撮れたので載せましたよ!
2024/01/03
シコロサンゴの転移水槽から、ツノハタタテの幼魚です。二本の白い帯が良く目だちます。写真の個体はまだ若い個体なので顔に突起がありませんが、成長すると眼の上に棘が現れ、額のあたりも角のように突出します。水槽の中ではいつもミナミハタタテダイ、アブラヤッコと一緒に行動をしています。
2024/01/02
竜串湾大水槽にムレハタタテダイの大きな群れが展示されました。熱帯魚のエンゼルフイッシュの様な魚たちが群れて泳ぐ姿はすごく綺麗です。実際の海の中でも大きな群れを作っているのです。本当に竜串湾のサンゴ礁に潜っているような気分になれますよ。是非、ムレハタタテダイの群れを見に来てください
2024/01/01
新年あけましておめでとうございます、本年もSATOUMIをよろしくお願いいたします。元旦の魚はめでたい名前のエビスダイです。でもその名前の由来は「鎧を着た姿を夷(えびす)姿といい」と体にある堅くて大きな鱗が鎧のようなところからついた名前のようです。でもその顔や斜め横からの姿は恵比寿さんですよね。
2024/02/29
サンゴコーナーに入ってすぐのちょっと薄暗い水槽の岩肌に展示されているジュウキキサンゴが綺麗に触手を開いていました。オレンジ色の群体と黄色の細点がちりばめられた触手が最高に綺麗です!ただ、日中は二枚目の写真のように触手を閉じていることが多く、なかなか綺麗な姿を目にすることが難しいのが残念です。
2024/02/28
ウミウシの一種、コノハミドリガイ(右側の大きなウミウシ)です。コノハミドリガイと呼ばれている種の中にはよく似たものが数種混ざっているようで、これからいくつかの種に分類されそうです。SATOUMI周辺には体の大きなものが多く、写真の個体も体長4センチを超えています。本種は海藻を食べていますが、その中の葉緑体を体に取り込み、その葉緑体が太陽の光で光合成をおこない作り出した酸素や栄養エネルギーにしています。
2024/02/25
普段は深海大水槽の底でジッとしていることの多いイズカサゴ。珍しくアクリル面を泳いでいた所をパチリ!各鰭を綺麗に広げ、いい顔をしていました。深場で釣りをする人たちからはオニカサゴとも呼ばれています。水深400mの深海からの記録もあり、なんと42歳の個体も報告されています。
2024/02/23
サンゴコーナーのエダムチヤギです。褐赤色の体が上向きに並んで立ち上がっています。白いポリプが開いている姿は、小さな花がが表面を覆い、ボーと白っぽく見えます。ポリプ一つ一つは可愛いイソギンチャク、とても可愛いです!
2024/02/21
シコロサンゴの水槽に展示されたチョウチョウウオの一種ヤリカタギです。サンゴに依存して生活しているチョウチョウウオの代表種です。一般的なチョウチョウウオの体型とはちょっと違いやや長細い体で、“く”の字の模様があります。同種間での小競り合いが良く見られ、二枚目の写真のように鰭を大きく広げ威嚇します。
2024/02/20
深海コーナーで、何やら水膨れになったイチジクのようなものがありました。何でしょう?これは、ヤスリヤドカリの宿である貝殻についているイソギンチャクです!(二枚目の写真)貝殻が見えないくらい大きなイソギンチャクで重くないのかなぁ。イソギンチャクが触手を伸ばすと、三枚目の写真のようになります。体は伸びて気持ちよさそうに触手を広げています。
2024/02/16
サンゴコーナーに展示された、ネジレカラマツです。写真を見ると椅子から飛び出したスプリングのような形です。これが正常な形態で、決していびつに育ったものではありません。良く見ると体の外側には小さなイソギンチャクのような白いポリプが開いているのがわかります。中には黄色が混じっているものもあり、綺麗ですね。
2024/02/15
何やら青い目玉おやじのような写真ですね。何でしょう?二枚目の写真をご覧になれば判るのですが、「黒潮の恵み」のコーナーに展示されている長太郎貝ことヒオウギガイです。左右の殻に添って並んでいる青い点は、眼なのですが人間のように像を結ぶことはなく、光の明暗などを感じ取っています。その小さな眼、アップにすると凄いです!
2024/02/12
アカトラギスのいい表情を捉えました。ちょっぴり砂を被った体を弧状に曲げています。その横顔を。大きな眼が印象的ですが、ちょっと開いた口も何か言いたげですね。黄色、白、橙色の彩も素晴らしい!
2024/02/11
朝、深海コーナーのサガミモガニの立派な鋏を持ったオスがいい所にいるなぁと思って目を向けると、なんか背中に白いものが付いています。ようく見ると写真の通りイソギンチャクでした。写真に撮ると、イソギンチャクの触手などが山吹色でとても綺麗です。
2024/02/09
深海コーナーでフサカサゴがこちらを向いていい顔をしていました。橙色を基調とした体の斑模様も綺麗なのですが、なんといってもその大きな眼、しっかりとこっちを向いて2つの宝石のようです!その眼の上にある皮弁がまた、眉毛のようで…
2024/02/08
シコロサンゴを展示している水槽の、アクリル面に近いところにあるハマサンゴの触手の中に潜り込みチョコンと顔だけ出しているカンモンハタの幼魚です。触手のベットの中から顔を出して、こちらを見ていましたよ!可愛いですね!ハマサンゴが気に入ったようで、いつものここに居るので探してみてください。
2024/02/02
深海コーナーのユメカサゴとフサカサゴが仲良く寄り添っているなぁ、と思って近づいてみると、この二匹だけ頭や背中、胸鰭に砂が。ほかの魚やヤドカリなんかは綺麗な体です。何があったのでしょうか?不思議ですね。
2024/02/01
シコロサンゴの水槽に展示されている、大きなサラサハゼです。ハゼの仲間なのですが海底に着底していることはほとんどなく、底近くでホバリングをしていたり、中層をゆっくりと泳いでいます。そして時折、底の砂を口に含んで口をモグモグとさせたと思ったら、写真2枚目のようにエラから砂だけを出します。砂に混じっている有機物などをエラで漉しとって食べているのです。これで、水槽の底の砂も綺麗になりますね。
2024/03/30
ウミウシ・クラゲコーナーに可愛いタコクラゲが展示されています。SATOUMI周辺では夏に沢山のタコクラゲが出現するのですが、この時期には姿はありません。展示されているタコクラゲは飼育担当者がバックヤードで繁殖させて丹精込めて管理し、ようやく展示にこぎつけた個体たちです。1㎝にも満たない小さな体で、一生懸命泳ぐ姿はたまりませんよ!
2024/03/29
小ぶりですがすごく綺麗なセトミノカサゴたちが展示されました。長い背鰭、大きな胸鰭立派です。全身にある赤褐色の模様も素晴らしい!窪津の大敷網で収集されたものです。例年だと初夏のあたりに入網するのですが、今年は少し早いですね。
2024/03/28
竜串湾大水槽のオキナメジナです。南方系のメジナで、体の中央に卵色のラインがあるのが特徴ですが、そのラインは濃くなったり薄くなったりと変化します。採集した時は10㎝にも満たない幼魚でラインもはっきりしていましたが、もう30cmを超えているものもいます。メジナの仲間としては口元が可愛らしく、この写真の2匹もいい顔していますよね。
2024/03/21
深海コーナーでムラサキヌタウナギがとぐろを巻いていました。後ろに写っている小さな個体も同じようにとぐろを巻いています。どうしたのでしょう?警戒をしているときにとぐろを巻くと言われていますが…朝一番、何か怖いことがあったのでしょうか?
2024/03/20
昨日紹介したイボイソバナガニの写真は、よく正体が判らなかったと思います。その横からの姿を撮ることができました!ネジレカラマツの先端部分で見つけました。体の突起や顔の先端が飛び出したフォルムやその体色は、平成ガメラと戦った怪獣レギオンのようです。長い脚でしっかりとネジレカラマツにしがみついていました。
2024/03/19
ようやく不完全ですが写真にとることができた、イボイソバナガニです。サンゴコーナーのネジレカラマツについている小さなカニです。写真のネジレカラマツの真ん中から少し上と下に、白い長い脚でしがみついているのがイボイソバナガニです。展示されてからしばらく経つのですが、なかなかいい場所に現れず。今朝ようやくです。多分この二匹ペアのようで、近くで寄り添っていることもあるのですが、今朝は離れていました。長い足を絡めてしっかりとしがみ付いていますね。是非、探してみてください!
2024/03/17
サンゴコーナーのシコロサンゴなどが展示されている水槽のアクリル面に、フトトゲヒトデが張り付いていました。なんかちょっと変…そうです、普通は5本あるはずの腕が大小合わせて8本あります。どうやら5本の腕の1本が根元から切れてしまい、その所から4本の腕が再生したようです。これでは、ヤツデヒトデですね。ヒトデは再生能力が強いので、よくこんなことが起きます。ちぎれた1本の腕からも再生するんですよ!凄いですね。
2024/03/16
セダカギンポがスリバチサンゴから顔を出していました。正面顔は、なんだか妖怪のようですね。残念ながら、いつもサンゴの周囲に隠れてしまっているので、なかなか出会うことが少ないと思いますが、サンゴ大水槽の前に来れれたらセダカギンポを探してみてください。
2024/03/15
足摺の海のコーナーのウツボたちと同居しているアカシマシラヒゲエビの腹面からの綺麗な写真が撮れましたよ。いつもは岩の上やウツボたちの体に乗って体を掃除しているので、二枚目の写真のように横からしか見えません。でも、時々水中に泳ぎだしてアクリル面にしがみつくことがあります。それが一枚目の写真です。
2024/03/10
竜串湾大水槽の2階のアクリル面で、大きなモヨウフグがこちらを向いていました。正面顔と横顔をパチリ!アップにすると細かく入った模様が素晴らしい!でも口を覗くと鳥のくちばしのような歯が上下にあり、その歯で噛まれたら凄く痛そうですね。
2024/03/09
サンゴコーナーのヤギの仲間です。ヤギというのは石のように固い骨格を持たないサンゴの仲間で八方サンゴというグループに属しています。なかなか種の同定が難しい仲間で、SATOUMIでも正体を突き止めるのに苦労していて、多くの種がちゃんと名前が特定できていません。写真の群体、紫とオレンジ色が混じりすごく綺麗ですね。2枚目の写真のようにポリプも素晴らしい!別の角度も(3枚目)なかなかですね。
2024/03/08
ウミウシコーナーのハナデンシャです。半透明の乳白色の体の表面には赤や黄色の突起や白色の斑紋が散らばり派手ですね!顔はどっちというと左側を向いています。背中の後ろのほうに、ふさふさとしたエラがあるのが解るでしょうか?背中の突起は暗くして刺激を与えると青白く光ります。砂の中に潜っていることが多いのですが、体を丸くして海中を漂っていることもあります。クモヒトデを餌にしています。
2024/03/04
深海コーナーのサギフエのいい写真が撮れましたよ!いつもは水槽の水面近くで群がっているのですが、時々思い出したように中層から底近くに泳いできます。そんなチャンスに出会い、ちょうどこちらに向かってきたところを撮りました。水槽の中ではオレンジ色の体としか見えないのですが、写真でようく見ると背中から吻端にかけてブルーの模様が入り綺麗です。そして口を丸く開けた瞬間のようです。
2024/03/01
河口の水槽に展示されているクロダイとキチヌ、良く似た二種ですが、キチヌの腹鰭や臀鰭が黄色味を帯びているので区別がつきますね。今朝、同じくらいの大きさの二種をようく見ると、一枚目の写真のようにキビレの体の模様は叢雲状なのですが、二枚目のクロダイは背中から腹に向かって縞模様がはっきりとしていました。両種とも数匹ずつ展示されているのですが、皆この模様の特徴は一緒でした。面白いですねぇ。
2024/04/30
昨年10月に紹介した深海のタコ、アカシマダコ。来館した時には外套長(頭のように見える部分)で10㎝程の可愛いタコでしたが、水槽の中で元気に育って今では外套長は倍以上にもなりました。展示当初は水槽の奥に隠れてなかなか姿を見せてくれませんでしたが、今はその立派になった姿で水槽の壁面などに張り付いていたり、動き回っている姿も見ることができるようになりました。はたしてどこまで大きくなることやら。
2024/04/29
河口水槽のアカメが並んでこちらを向いていたのでシャッターを切りました。すると皆綺麗に眼が赤く輝いていましたよ!綺麗ですね。この赤色は、網膜の後ろにあるタペータム(輝板)が光を反射と赤く見える構造になっているからです。水槽で普通に見て黒っぽい瞳に見えても、少ししゃがんでみたりして光の入ってくる角度を変えてみると、赤く見えます。是非一度アカメの赤眼を見てみてください。
2024/04/28
何かと隠れキャラの多いシコロサンゴの水槽。ようやくシマヒメヤマノカミの写真が撮れました。地味なミノカサゴのようですが、眼が可愛いですね。やはり背鰭の棘には猛毒があるので、注意が必要です。シコロサンゴの隙間に潜んでいることが多いので、探してみてください。
2024/04/26
朝、河口のコーナーのニジギンポが黄色の体をしていました。なんか近似種のオウゴンニジギンポみたいです。こんなに黄色のニジギンポは初めて見ました!何が起こったのでしょう?産卵期を迎え婚姻色??しばらく見ていると、一緒に展示されているニジギンポを何度か威嚇しているうちに、普段の褐色のラインの入った体色に戻ってしまいました。不思議はいたる所にありますね。そんな不思議に出会えるのが飼育係の特権です。
2024/04/25
深海コーナーで、水槽の底に落ちている餌をサギフエ達が並んで突いている所をパチリ!このサギフエが餌を突いたり吹いこむときには「パチン、パチン」と大きな音を立て水槽の外でも聞こえることがあります。そのサギフエ達の隣では、フサカサゴが微妙に動く餌に食欲を刺激されてか、ジッと狙っていました。でも、しばらく見ていましたが食べませんでした…
2024/04/23
外洋水槽で普段もは一枚目の写真のように正面の観覧面ん下の方に張り付いているマダラとビエイ。今朝は一瞬泳いでいる、いいシーンが撮影できました!いつも腹側の笑っているような姿しか、見えないのですが泳いでいる横からの姿を撮るとカッコいいですね!体の周りにある鰭を波打たせて優雅に泳ぎます。給餌の時間になると泳ぎだすので、この姿をよく見ることができますよ。
2024/04/16
ウミウシの展示水槽の中を、元気に動き回るウミウシを見つけました。他のウミウシがのんびりと過ごしている中、かなりのスピードで移動しています。ようく見ると、体の真ん中あたりに小さな貝殻があります。コンシボリガイです。殻は長さ5㎜ほどです。ウミウシは殻をもたない巻貝と言われていますが、この仲間は貝殻をもつグループです。白斑があり、黄色く縁どられた軟体部がとても綺麗ですね。
2024/04/15
変わった色をしたキイロイボウミウシが展示されました。普通なら二枚目の写真のように黄色の体に白いイボや黒色の模様があるのですが、この個体はそれが逆転しています。薄青白い体に黄色のイボがありますよね。このイボウミウシは個体により色彩変異が多く見られるようですが…まるで別種のようですね。
2024/04/14
サンゴコーナーのシコロサンゴを展示している水槽に仲間入りしたノコギリウニです。太くて長い棘で覆われています。そのとげの根元近くにノコギリの歯ような小さな棘が生えています。化石で発見されるウニとその形態に大きな違いがみられないので、原始的なウニとされていて、下ノ加江の漁師さんから寄贈されたものです。トゲを取り去ったあとの殻には素晴らしい彫刻があり、王様の冠のカンムリのようなので、このグループをオウサマウニ目、オウサマウニ科と呼称されていたこともありました。
2024/04/12
サンゴコーナーのムチヤギなどの展示されている水槽に同居する、タテジマキンチャクダイの全長7㎝程の幼魚です。その体の紺と白の模様はかなり目立つのですが、水槽の中ではその姿はあまり目立つことなく、いつも何処にいるかな?と探してしまうほどです。この幼魚、泳ぐ時に二枚目の写真のように体を少し斜めにしながら、枯葉がゆっくりと舞うような動きをします。そうすると複雑な体の模様が、周囲の環境に溶け込みその存在を消してしまっています。素晴らしい防御法ですね?ちなみに成魚は3枚目の写真のように、ガラッと模様が変わります。
2024/04/11
外洋水槽に窪津大敷で収集されたムロアジの一種、モロが展示されました。この辺では“ワイナ”と呼ばれています。細長い体に黄色の尾、尾の縁辺は赤いのですが水槽内では黒く見えます。銀色の体が群れで泳ぐ姿を下から眺めると、凄くカッコいいです!(二枚目の写真)是非、その群れを見に来てください!
2024/04/10
足摺の海のコーナーでヒシガニが正面を向いていい場所にいました!正面からの写真を撮って気が付きました。お腹に卵を抱えています。顔の下のほうに、オレンジ色のツブツブの塊があるのが解りますよね。それが卵塊で足の先で卵塊を丁寧に掃除していました。10分ほどしてもう一枚撮ろうと思っていたらもう砂に半分潜っていました、残念。
2024/04/05
足摺の海のコーナーで子どもさんの「チンアナゴ、チンアナゴがいるよ!」の声が。エッSATOUMIにはチンアナゴは展示していないのだけど…声のした水槽を確認すると、写真の大きなチンアナゴ?が。確かに穴から顔を出して、大きな瞳もチンアナゴと言われても…この正体は以前にも紹介しましたがハナアナゴという魚です。チンアナゴよりも体は大きく太さは5倍以上あります。体の模様も…でも、ようく見ると大きな眼など可愛らしさはチンアナゴに負けていません!
2024/04/04
ちょっと面白いウミウシのいい写真が撮れました。ニンジンヒカリウミウシです。体は地味な色合いですが、背中にある淡いオレンジ色の突起が発光器で、刺激を感じると発光します。まだどのように発光するのか見たことがないのですが、同じウミウシのハナデンシャは暗闇で青白く発光するのを見たことがあります。
2024/04/02
深海コーナーのハリダシエビスです。深海に生息するといわれてますが、水温の下がる時期にはSATOUMIの近くの窪津の大敷網でも収集することができます。腹面には一対の長い半透明の筋肉で被われた、発光バクテリアとの共生によって光る発光器があるのですが、暗い水槽の中でもまだ発光している所を見たことがありません。どのように光るのか興味津々なのですが。
2024/04/01
日中になかなか触手を広げてくれなかったナンヨウキサンゴが、みごとに触手を開いてくれていました。深緑色の触手が綺麗です!名前にキサンゴとついていますが、群体も二枚目の写真の上のように黒褐色です。触手を広げている姿を見ると、サンゴがイソギンチャクの仲間だということがよく判りますね。
2024/05/29
足摺の海のコーナーに仲間入りしたキツネベラの幼魚です。全長で5㎝程の可愛い個体です。体の後半にある黒いスカートのような模様が特徴的ですね。この模様は成長するに従い薄くなり、最後は背鰭の後半に黒い斑紋として残りますが、成長したオスは薄くなり、判らないくらいのものもいます。幼魚の山吹色の体色は大きくなると橙赤色に変わります。成魚は60㎝を超える大きなベラです。
2024/05/24
足摺の海のコーナーに仲間入りしたイソギンポの仲間、ニラミギンポです。黒紺色の渋い色合いの体で尾部が山吹色。顔や体には緑青の模様がありとても綺麗です。水槽の中では底近くを泳ぎまわる姿が良く見られます。そして時折サンゴの根元や底に落ち着いて、辺りを伺っています。ぱっと見は黒くて尾の黄色い魚ですが、じっくりと観察するとその美しさに驚かされます。
2024/05/23
外洋水槽のモロの群れがアクリル面近くを泳いでいたので、ピントを合わせていたらその個体が、大きく口を開けました。その瞬間です!意外と大きくそして伸びるのです、これで水中の小動物を捕らえるのですね。
2024/05/20
綺麗なウミウシ、カメノコフシエラガイが展示されています。オレンジ色の体は小さな突起で覆われています。このウミウシも体色の変化が多く、紫色のもや褐色がかったものなど様々です。日中は岩の下などに潜り込んでいることが多くなかなか出会えないのですが、運がいいとゆっくりと歩いている姿がご覧になられます。
2024/05/18
何か変なアオウミウシがいました。なんか背中がすっきりとしている。普通アオウミウシは二枚目の写真のように背中の中央に黄色の線が走っているのですが、一枚目の個体はそれがなかったのです。だからすっきりとしていたのですね。アオウミウシは体色の変異が多く、体の色が薄いものや斑点模様が多かったり少なかったりと。磯に行くと普通に見られますので、変わった模様のアオウミウシを探してみるのも楽しいですよ。
2024/05/17
アカクラゲは写真の被写体として、たまりません。傘の模様と触手の動きがすごくいいんです!シャッターを切って、いいポーズに収まってくれた時には、つい「よし!」と。でも傘の開き加減、触手の微妙な動きのいい瞬間を収めるのは、なかなか難しいのです。
2024/05/15
昨日に引き続きギンポの仲間、アライソコケギンポです。数種に分類されたコケギンポの仲間たち。本種は大きな眼の上のフサフサが格好良く伸びて、胸鰭付け根の中央に黒点があります。そして体の割には口が大きく内側が山吹色ですね。岩に空いている穴に入って顔だけを出していることは多いのですが、同居しているクモギンポにいい場所を取られてしまい、岩陰に隠れています。その横顔、凄く可愛いですね!
2024/05/14
足摺の海のコーナーのクモギンポの水槽に仲間入りしたタマギンポです。採集した時にはカエルウオかと思っていたのですが、水槽の中でじっくりと観察すると体中に小さな白点が散在し、特に顔には集中してあります。調べてみるとタマギンポでした。似たような魚でもじっくりと観察すると、新しい発見があるのですね。
2024/05/12
足摺の海のコーナーに小さな小さなタツノオトシゴ、“ハチジョウタツ”が今日から特別に展示されています。成長しても大きさが2㎝弱という可愛らしいタツノオトシゴです。日本の八丈島から採集された標本をもとに2018年に新種として報告され、日本にしか生息していないためJapanese Pygmy Seahorseという英名で呼ばれています。水族館での展示は日本初となります、体の模様もすごく綺麗なので、是非見に来てください!
2024/05/08
SATOUMIに入ってエントランスホールのすぐ右手にある水槽に小さなカニさんが展示されています。キンチャクガニです。写真だと、どこがどこだかよく判らないですが中央に二本の髯が真上に延びているのが判りますよね。その付け根近くのちょっと横に飛び出したようなオレンジのものが眼です。下の方の白いフサフサしたものがハサミ脚で挟んでいるイソギンチャクです。敵に襲われると、このイソギンチャクを振り上げて威嚇、応戦します。甲羅の大きさは1㎝にも満たない小さなカニですが、じっくりと観察してください、可愛いですよ‼
2024/05/07
ミノカサゴの若い個体です。すらっとした体に長くに延びた半透明の背鰭と胸鰭、すごく綺麗ですね!ついシャッターを切ってしまいます。もう少し成長すると、体は太くなり、鰭も太くなり貫禄はつきますが、今の姿が最高です!早いうちにご覧になってください。
2024/05/05
深海コーナーに展示されているちょと深い所に住むカニ、ヤマトカラッパです。水深200mの深海の海底でも見つかっているようです。砂地の海底に生息しているので、水槽の中でも底の砂に潜っていることが多いカニです。1枚目の写真が正面顔です。中央より少し上に眼がありその下にヒゲ、そして大きなはさみ脚で顔を覆っています。まるで恥ずかしがっているようなので、この仲間を“恥ずかしガニ”と呼ぶとこともあります。2枚目は背中側の写真です。不思議な模様をしていますよね。
2024/05/04
シコロサンゴの隠れキャラをまた紹介します。写真のエビはフシウデサンゴモエビだと思われます。サンゴの隙間や下に隠れていてなかなか目にすることができませんが、ちょうど目の前にいました。頭が上で尾がしたです。体の模様は様々で、さらに日中と夜とで体色が変わるそうです。長い脚をもっているのでオスのようです。
2024/05/03
1枚目の写真はムラサキハナヅタという小さなイソギンチャクがたくさん集まったような群体の写真ですが、どこかにセンジュウミウシが潜んでいます。判りますか?写真の中央にちょっと太い触手のようなものがあるのですが、それがウミウシです!二枚目の写真がそのアップです。このウミウシはムラサキハナヅタの群体の中で生活しているようです。ウミウシの世界は奥が深いです。ウミウシコーナーで探してみてください。
2024/05/02
サンゴ大水槽に展示されている数少ない魚の中で比較的目につくスミツキトノサマダイです。名前に„タイ”と入っていますが、チョウチョウウオの仲間です。黄色い体の中央から少し上にあるブルーの斑紋が特徴的で綺麗です。他のチョウチョウウオたちと一緒に、頭を下にして逆立ちの状態でサンゴを突いている姿をよく見ます。大きな水槽の中でも良く目につく魚ですので、探してみてください。