営業時間 9:00~17:00
営業時間 9:00~17:00
ja en ko cn tw
営業時間
9:00~17:00
新型コロナウイルス感染防止対策について
新・足摺海洋館「SATOUMI」を拠点に、
海も、山も、人も、
すべてがつながる竜串エリア。
新しい施設と既存の施設、そして自然のフィールドをひとつととらえた、
かつてない海と自然のアドベンチャーミュージアムとして、
「あらゆるいのちは海とつながり、海と生きている」ことを学び、遊び、楽しむことができます。
topics
おしらせ
2020/09/28
足摺海底館・停電に伴う一時閉館のお知らせ
VIEW MORE
イベント
2020/09/22
魚たちへの「餌やりタイム」開催
VIEW MORE
イベント
2020/09/13
初☆企画展『足摺海洋館SATOUMIができるまで』まもなく!
VIEW MORE
おしらせ
2020/09/05
台風10号に伴う足摺海洋館&海底館閉館のお知らせ
VIEW MORE
館長のtoday’s picture
僕が、カメラを持って館内を巡回しているときに捉えた、
生き物たちの決定的瞬間です。
レンズをとおした生き物たちの
”いい顔“ ”いい姿”をご覧あれ。
SATOUMI近くの見残し海岸で釣り人が釣りあげたモンガラカワハギが、竜串湾大水槽で元気に泳いでいます。沖縄など南の海ではよく目にしますが、この辺りではこんなに大きい個体は珍しいのではないでしょうか。全長で30㎝ほどあり、良く太っています。水族館で目にするモンガラカワハギは、もっとスリムな感じなのですが。貫禄のある美しいモンガラカワハギですよ。
2020.10.30
飼育日記
隠れキャラを探せ!
 水族館の展示生物たちの中には、以前紹介したナマコなどのように展示以外の目的もあって飼育していたり、さらには、いつの間にか水槽の中に入り込んだものもいます。そんな生き物たちが多く暮らす水槽の一つにサンゴの水槽があります。  サンゴは、潮流に負けないようにしっかりと基質に固着していたり、固い骨格を持っていたり、複雑な形をしていたりして、たくさんの小さな生き物たちにとって、格好の生活場所になっています。SATOUMIのサンゴたちは、特別採捕許可を取得して、職員が海から採集してくるのですが、そのサンゴと一緒に小さな生き物たちも一緒にやってくることがあるのです。  そのような生き物たちも、それぞれ魅力的な形態や生態を持っています。しかし、残念ながら、とても小さかったり、目立たないように隠れて暮らしているため、水槽の中でもなかなか見付けることが出来ない者が多いのですが、中には比較的容易に見つけることのできる生き物達もいます。  例えば、枝サンゴの中で暮らすサンゴガニの仲間は、枝の間を探す事で比較的簡単に見つけることが出来ます。  また、イバラカンザシというゴカイの仲間は、花のような鰓冠という部分をサンゴの表面に広げているので、簡単に見つけることが出来る生き物の一つです。  そのほかにも、貝やエビの仲間など、様々な生き物たちがサンゴの水槽で暮らしています。見られるかどうかは運次第ですが、興味のある方は、是非、じっくりと水槽の中のサンゴを観察してみてください。 N.K    
VIEW MORE
利用案内
展示ガイド
参加
プログラム
アクセス
年間パスポート
カフェ&ショップ
団体のお客様へ
シイラとハナザメ
大水槽・シノノメサカタザメの餌やり
足摺海洋館
「SATOUMI」
TVCM - 冒険篇
Activity- 周辺施設の楽しみ方 -
竜串湾を取り囲むように、海に関連した様々な施設が点在。
効率良く観光やマリンレジャーなどの体験が可能です。
VIEW MORE
パンフレット
新・足摺海洋館パンフレット
ダウンロード(PDF)
足摺海洋館45周年記念誌
ダウンロード(PDF)